乳首の黒ずみを予防する美容液

乳首は紫外線によってメラニン色素が生成され、それが蓄積して黒ずみが起こりやすい部分です。
肌にできるしみと同じ原理なので、症状が目立ってくる前に予防することが重要です。
その方法としては、美白成分が配合された美容液をお風呂上りの清潔な肌に塗るということが挙げられます。
意識して塗るようにするだけで、外出時などにたくさん紫外線を浴びることがあったとしても、メラニン色素がつくられるのを抑えることができるのです。
また、予防のためのケア商品以外には、普段顔に使っている美白用の美容液があれば、それを使用しても大丈夫です。
予防するという目的は一緒ですし、顔は乳首と同じくらいデリケートな箇所なので使用しても刺激を受けにくいからです。
そんな乳首の黒ずみ予防として使用する商品は、すでに目立ってしまっている症状に効果を期待しても意味がありません。
黒ずみがひどい場合は、メラニン色素を薄くする成分が配合された商品を選ぶ必要があるのです。
こういったケアが求められる乳首ですが、下着との摩擦が起こらないようにするのはもちろん、入浴時にタオルなどで洗う際は力を入れすぎると刺激となってしまうため、できるだけ優しく洗浄することも大切だと言えるでしょう。乳首をピンク色にする方法について詳しくはコチラのサイトが参考になりました。

化粧品で色素を薄くする!乳首の美白ケア

多くの女性が悩んでいるされる乳首の黒ずみ。
黒ずみの原因は、メラニン色素という肌を黒化させる色素が大量に作られることにあります。
乳首は通常の肌と比べてもともとメラニンの量が多く、また下着による締め付けや摩擦、ホルモンバランスの変化などによってメラニンが多く作られやすい部分です。
黒ずみを薄くしたいのであれば、美白作用のある化粧品でのケアが効果的となります。
美白化粧品には様々な製品がありますが、美白成分には大きく分けて2種類があります。
一つはメラニンの生成を抑えるタイプのもの、もう一つはすでに生成されたメラニンを薄くして排出させるタイプのものです。
乳首の黒ずみには後者の美白成分が有効で、具体的にはビタミンC誘導体などがそれに当てはまります。
ケアの方法は、顔のスキンケアと同じように化粧品や美容液を乳首に塗って馴染ませるようにします。
美白化粧品は即効性があるものではなく、毎日継続してケアを行うことで少しずつ効果を現しますので、毎日欠かさず習慣的にケアを行うことが最も大切です。
お風呂あがりや就寝前などに、顔のスキンケアを行うのと同時に乳首の美白ケアも毎日の習慣として取り入れるようにしてみましょう。

乳輪にあらわれる黒ずみの原因

乳輪の黒ずみの原因は、結論から言うとメラニンです。

乳輪にあらわれる黒ずみは、外部からの刺激を受けることでひどくなります。人間の皮膚というのは、外部の刺激から身を守るために、メラノサイトでたくさんのメラニンを作り、皮膚を守ろうとします。特にバストはデリケートなパーツであり、常に衣類に包まれていますから、衣類からの摩擦や刺激も影響することになります。

メラニン色素の過剰な発生により、表皮にはそのまま黒ずみが残りやすくなります。

原因は年齢的なことも関わってきて、年齢を重ねることで、皮膚のターンオーバーが遅くなります。若々しい皮膚は、肌の生まれ変わりが順調であるからこそ、美しい肌が保たれています。加齢により肌サイクルが滞れば、古い肌が生まれ変われないまま。メラニン色素もそのままということになり、色はもっと黒くなります。

本来であれば角質層から、少しずつ角質細胞は剥がれていくものなのです。表皮最下部に存在するメラノサイトで作られた、メラニンも残る事になるのです。

女性の場合は妊娠をしてから、乳輪が黒ずむようになることもあります。出産をして授乳が始まりますから、その時の吸い付かれる吸引力にも負けない皮膚になるため、メラニンが多くなるのです。

乳首の黒ずみの原因や色を薄くするための対策

乳首の黒ずみが気になっている女性は多いのではないでしょうか。乳首の色は、ホルモンバランスの乱れにより濃くなったり薄くなったりします。女性の場合は、排卵、生理、妊娠、出産などにより女性ホルモンが増えたり減ったりします。プロゲステロンという黄体ホルモンやエストロゲンという女性ホルモンが優位になったり劣位になったりを繰り返すので、そのたびに乳首の色も濃くなったり薄くなったりします。ホルモンバランスの乱れを整えるためには、栄養バランスのとれた質の良い食生活、適度な運動、良質な睡眠などの健康的で規則正しい生活を送ることが重要になります。女性ホルモンを増やす作用があるサプリメントなどを摂取するのも効果的です。そして、加齢に伴い肌のターンオーバーがうまくいかなくなることが原因で黒ずむ場合もあります。古い角質やメラニン色素が肌に残ってしまい、黒ずみにつながってしまうというメカニズムです。薄くするための対策としては、顔と同じように乳首にもローションやクリームなどで保湿ケアや美白ケアを行うことが大切です。漂白作用がある美白成分のハイドロキノン、肌のターンオーバーを活性化させるビタミンA誘導体成分のトレチノイン、抗酸化作用が強いビタミンC誘導体などの成分が配合されているものを使用するのが効果的です。乳首の色を薄くする方法について詳しくは⇒濃い乳首の色を薄くする方法が参考になります。